事故パターンの説明

事故パターン

事故のきっかけ 認識しづらい水盤(修景用人工池) 
事故につながる動作 水の中に落ちる 
事故種別(結果) その他(火傷・感電・溺水・中毒など) 
事故の例

この事故パターンの「事故事例」は、現在のところ収集されていません。

事故予防の留意点

建設段階の留意点
(1) 通常の路面と水面の間は明確な境界を設けて区別する。 
(2) 動線上に設けない。 

管理段階の留意点
(1) 水があることを注意喚起する。サインなどを掲示する場合には、利用者の視野(注視方向)を考慮する。 例)足元に設ける 
(2) 水質の衛生にも留意する。 

予防関連キーワード