国総研からの報告

人口動態統計に基づく日常災害による死亡率の推移

厚生労働省の「人口動態統計」より求めた、事故・災害による死亡率、および、建築災害による死亡率の推移を示したグラフや、その元になる数値を計算するためのプログラムを掲載しています。

1)死亡率の年次的推移

東京理科大学の直井英雄研究室で作成されていた、1956年からの事故・災害による死亡率、および、建築災害による死亡率の経年変化に、近年の結果を追記したグラフです。パワーポイントファイルで提供しています。

なお、このグラフにおける用語の定義(範囲)は以下のとおりです。

  • 事故災害:交通災害、労働災害、建築災害、その他
  • 建築災害:日常災害(墜落、転落、転倒、落下物等、感電、中毒、溺水、火傷)、および、非常災害(火災・爆発、天災、雷撃)

2)集計データ

上記グラフの元になっている数値について、2011年からのデータをエクセル形式で掲載しています。オリジナルでグラフを作成、加工される場合などにご利用ください。

※ZIP形式で圧縮されていますので、解凍の上ご参照ください。